一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

沖縄方面は、4月後半から梅雨。
わたし自身、今年やりたいことがあって、これから忙しくなる予定。
いまのお仕事だと少し休みを取ればなんとか。
という、もろもろな理由から、
「今しかできないことをやる」
がモットーなわたしは、
「今だ!」
とばかりに、沖縄の離島旅行を決意しました。
見る景色が変わった時、わたしは何を感じるんだろう?
自分が、何を見て、何を感じるかに、とても興味がありました。
今いるフィールドから出ることで分かること。

旅に出る前は難しく考えていたけれど、
出てしまえば、想像していた以上に濃く、楽しい旅になりました。
誰もいない海辺で、ぼーと水色の海を眺める。
人のために立ち上がって生きている方との出会い。
順調に。。ではなく、旅先での自分のドジ多発。笑。
他にもいろいろ、いろいろ。。

沖縄一人旅は人生3度目でしたが、
前回とは違う自分も発見しました。
そして、今回はギタレレを持って行った事で、
さらに旅がたのしいものになりました。

まだ旅から帰ってきて間もないですが、随時旅中のblogをUPしてゆく予定です☆








 

5泊6日の離島旅行もほぼ最終日。(6日目は午前中の便で帰る予定だったので)

石垣での朝は、竹富小浜荘さんでの早起きからスタート。


昨日ゆんたくして下さったみなさんと♪
ありがとうございましたー!

小浜荘から港へ。船に乗り、離島ターミナルへ。
そして、この日にまたまた宿泊する楽天屋さんで荷物を預け、徒歩30分くらいのところにある「とうふの比嘉」へ向かいました。

徒歩30分という距離であることから、最初はTAXIで行こうかな。。?と思っていたのですが、運動がてらに歩きで行く事に。
徒歩にして正解で。。
自転車やTAXIでは気付かない、沖縄の街並みに触れることができました。











たくさんのシーサーを見つけたり。
沖縄のお墓ってとても大きいのだな。。と発見があったり。

そして、あともうすこし。




辿り着きました。。ふう〜。

頼んだのは、「ゆし豆腐セット(小)350円」
お値段リーズナブルながら、小なのにたっぷり量があり、朝ごはんに最適。
お腹いっぱいになりました。


の〜んびりと時間を過ごした後は、
また徒歩でぼちぼち帰りました。

まだチェックインの時間ではなかったので、
お土産屋さんをくるくるとまわり、
お次は、一度予約がいっぱいで断られてしまった辺銀食堂さんリベンジ。




石ラー麻婆豆腐。ラー油がぴりりときいてて美味しい。
食がすすみます。セットにしたらお腹いっぱい。。


食後のデザートも美味しい。

とてもプロフェッショナルなお味でした。。
その後は、近くのカフェや雑貨屋さんなどをぷらぷら。
また、お土産屋さんもぷらぷら。

時間になったので、楽天屋さんにチェックインして、
服などを洗濯。
洗濯ものを窓の外に干して、ふ〜リラックス。。と思っていたら、
強風のため、洗濯ものがハンガーからはずれ、屋根の上に。。
屋根の上に降りるのこわいし、長いものを使っても取れない。。
どうしよう。。
と思っていたら、どこからか「あのさ〜ん」という声が。。!
ちょうどそこに楽天屋のオーナーさんが自転車で通りがかったのです。
「こっちで取りますよ!」
と、屋根のはしっこにあった私の服を、サクッと取って頂きました。
あまりにもベストタイミングすぎてびっくりしました。笑。
楽天屋のオーナーさんに感謝です!

そして、すこしだけゆるりとしてから、
「海を見なければ・・・!」
という強迫観念とともに(笑)気になるカフェへ。
またまたTAXIでなく徒歩にて。


PUFF PUFFという、海のみえるカフェ。

アイスを食べながら、読書。
のんびり過ごそうかと思ってましたが、風が強すぎて寒くて、後で中に移動しました。笑。

あまりに歩きすぎたので、帰りはさすがにTAXIにしました。

この日思ったことは、
旅行中に1日だけでも部屋でリラックスする時間を取ればよかったな。。という事です。
離島の民宿はシャワーのみが基本。
いつもはお風呂に入って一日の疲れを取るのですが、シャワーのみの日々が続いていたので、さすがに疲れが溜まってきていた様で。。ふだんもそうなんだけど、ずーっと走り続けちゃうんだよね。「あれしなければ」「これしなければ」って。
そのくせが旅行中にも出ちゃいました。
あと、やたらと荷物が多すぎる自分にも気付いたり。(特に服)
とはいえ、今回は5泊6日だったので、たまにはスカートも履きたい日があったりとかで、選べる余地があるのはほっとしたんですが。。(服の多さは、女子だし仕方ないのかな)
次くるときは、もっと身軽に、の〜んびりしにきたいなと思いました。

そして、前回の旅が8年前だったからか、自分の内面的な変化にも気付いて。。
あまり受け身じゃなくなってたことと、初対面の人ともがんがん話せるようになっていた。という変化がありました。
前回はもっと、人に対してびくびくしていたような気がしてたんだよね。
8年の間にいろいろ変わったんだなぁ。




夜は、楽天屋さんでのんびりしました。
また次回もお世話になると思います。
とてーも居心地よくて。


さりげなーく、センスもよいのです。


8年前と変わらず、かわいい鍵。

そうそう。旅中に会った方が、ちょうど石垣にきていて、旅中にラインのやりとりをしていたのだけど。
もっと話してみたいなぁ。。と思っていたものの、タイミングが合わなくて結局会えなくて。
でも、旅中も旅後も、メッセージのやりとりをしてくれて。
うれしかったです。
旅を、いつまでも終わらせたくなかったのかな。

旅から帰って来てから、一日やすみを取ってなかったので、すぐにいつもの日々に戻り。
3日間くらいは、慣れない旅の疲れからか、身体も心も調子があまりよくなくて。
旅してきたのにこの感じは一体・・・?
と不安になったけど、すぐに元の状態に戻ったのでほっとしました。
そして、前から治したいなーと思っていた日常の悪い癖(食生活とか、時間の無駄使いになるのにやめれなかったことなど)に、前向きになれてる自分を発見しました。前よりすんなりと取りかかれるようになってる気がしたり。。
ちいさな変化がぽちぽちありました。
今回の旅は、じわじわきいてくるものだと思っているので、帰ってきてからも、まだまだ気付きをもたらしてくれるんじゃないかなぁ。。?と思っています。


さよなら石垣。さよなら沖縄。


またくるね。

帰りの飛行機は爆睡でした。笑。


帰りに関西空港で、波照間のゲストハウスですれ違いになった仁美ちゃんを発見。
私が帰る日に宿に来てたので話せなくて、あいさつを交わしたくらいだったけど、顔はしっかり覚えていたのです。
旅の終わりにもお話できてよかった。ありがとでした☆

今回の旅では、波照間島に初めて行ったので、一番印象に残っているのはやはり波照間島かなと思います。
波照間島は、船が欠航していて行けないこともよくあるそうなので、今回行けたことにも意味があるのかな?と思ったりしてます。(そう考えると楽しいから、ということもありますが。。)
今回の旅で出会えた方との縁も大切にしたいです。
出逢って下さったみなさんに感謝☆
そしてまた、さらにたくさん旅をしたくもなりました。
小旅行でもよいので、日々のスパイスに、ちょこちょこ出かけたりしてみたいな。(お財布とも相談になりますが。。←切実)

旅でしっかりリフレッシュして、それを音楽にも還元してゆけたらよいなと思います。
離島旅行記、思いだしながらぽちぽちと綴りましたが、読んで下さったみなさん、ありがとうございました。^^


空港の帰りに、Kさんと食べた彩花ラーメン。
最後の最後まで食にぬかりなし。笑。
Kさんなくしては今回の旅はなかったです。Kさんともこれからもつながってゆけたらよいな。感謝です。
この後さらに、地元の民宿「石垣屋」さんで、竹富で2年働いていたという宿主たくさんの楽しいお話を聞きながら、美味しいご飯も頂きました。(どんだけ食べるんや。笑)

4日目は、今回の旅に急きょねじこんだ(笑)竹富へ。
最初は泊まる予定ではなく日帰りする予定だったのだけど、8年前の旅で見た竹富の海が忘れられなくて、竹富の宿に電話をかけ(もうほとんど予約でいっぱいでしたが。。)なんとか見つけた小浜荘さんに宿泊することにしたのです。

でも、あいにく天気は雨。。。




でも、宿に着くと、ウェルカムドリンクを出して頂きました☆
シークァーサー。美味しい。

まだチェックイン時間ではなかったので、荷物を預かって頂き、竹富島をぷらぷらすることに。



目を付けていたカフェで、のんびり読書でもしようかな?と思っていたのですが、
今日に限って閉店していて。。(これにはかなりガッカリしました。。)

八重山そばで有名な「竹の子」さんに行ってみる事に。




八重山そば(小)スープがおいしい!


サインたくさん。


あずみさん。

チェックイン時間になったので、部屋に入り、また荷物を整理して、
レンタサイクルで竹富島の気になるスポットへと。




ぱいぬ島。
定休日のはずが空いてました。ラッキィ。


きれい。


コンドイビーチ。


カイジ浜。

雨はやんでくれたけれど、くもり空のため、海のエメラルドな感じは見れず。。
でもすーっと水色に広がっていて、やっぱりキレイでした。

竹富島の気になるSPOTをくるっとまわり、あとは部屋でのんびり。

その後、夕御飯のあとに、外の席に座ってゆったり時間を過ごしていたみなさんと、ささやかにゆんたく。
うたを聴いて頂きました♪
この日はほぼひとりで行動していてあまり人と話をしていなかったので、ゆんたくがすごく嬉しくて。楽しかったです。



そして、明日は朝から石垣をまわるので、いろいろ情報を教えて頂いたり。。
酒屋さんの場所とか教えて頂いたり。。
今回竹富できれいな海を見れなかったので、さとうさんに西桟橋の夕日の写真を頂いたり。。



ゆるゆるっとたのしい時間を過ごしましたかおDocomo80

明日の朝は早起きで、石垣でとうふの朝ごはん!と意気込んでいたので、この日は早めに就寝しました。寝る

【離島旅行記5,6日目★石垣★】へつづく。

旅行もあっという間に3日目。
旅をはじめてから、睡眠時間がぐっと減り、3〜5時間くらいしか寝ていない状態が続いていたのですが、
気分はハイだからか、がーっと眠くならず。

たしか9時頃から動き始めてました。


この日はこのカッコ。(今回の旅ではこのスタイルが一番好きでした)


宿に宿泊していたともこさん、勇気くん、かじさんと。
前日夕方に歌も聴いてくれました♪
ともこさんと話していたら、共通のお友達もいてびっくり。こんなことってあるんやね〜。

波照間も最終日。
この日は波照間のおしゃれな雑貨屋「仲底商店」さんへと。

そう。。
実は旅行二日目にまたちょいとした事件があり。
おっちょこちょいな私らしい事なのですが、
仲底商店さんで見つけたとってもかわいい赤のピアスを、購入してすぐ宿に戻り、洗面所の鏡を見ながら付け替えようとしたところ。。排水溝の中に落としてしまったのです。。だいぶ奥に行ってしまったらしく、奮闘しましたが泣く泣く諦めて。
サンゴでできたものだったので、ここでしか手に入らないと思って、もう1度仲底商店さんを訪れてみることに。

そして思いきって聞いてみるわたし。
「昨日購入した赤サンゴのピアス、片方を落としてしまったんです。。同じものないですか。。?」
結局同じものはもう在庫がなかったのだけど、
仲底商店のオーナーみきさんは、似たようなピアスなどを在庫の中から探してくれました。(どれもかわいかった。。)
そして、ショーケースの中に、ブレスレットだけど、同じサンゴが使用されているものを発見して。もともと気になっていたので、購入することに。そのサンゴを、ピアスに付け替えようと思って「地元の友達に頼んでみます」とお話していたら、なんとみきさんが、サンゴをはずしてピアスの方につけるというめちゃ細かくて時間がかかる作業をして下さいました。ううー。なんて素敵な方っ!感謝 悲しい!!
その後、みきさんと共通のお友達もいたので、いろいろお話していたら、昼からの開店時にもまた来てね♪と誘っていただいたので、昼過ぎには波照間を離れる予定をしていたのですが、最終便に変更することに。


道中みつけたふうせんかずら。かわゆ。


このカドにあるおしゃれハウスも見おさめ。

そして、午後からまた仲底商店にお邪魔して、みきさんといろいろお話をさせて頂きました。
興味深いお話もいろいろお聞きしました。
そしたら、取材で商店に訪れたお客さまが来られて、急きょうたを披露することに。
「OK∞」を聴いて頂きました。


ニューヨークタイムスの晴美さんとHarveyさん。

Harveyさんとも、いろいろお話させて頂きました。
わたし英語が苦手で全然だめなので、ジェスチャーを交えながら。。
英語喋れるようになりたくなりました。
波照間といえば、、という話になって、「海・公園・ゲッツ!」とHarveyさんがおっしゃった時は、思わず笑みがこぼれてしまいました。笑。(波照間に、ゲッツおじさんという有名なおじさんがいるのです。。)
おふたりは、波照間の小学校に英語を教える授業をしに来られたという事で。2週間滞在されるとおっしゃっていたような。
旅が終わってからも、名前しかお伝えしていなかったのに、SNSを通じてメッセージを下さり、つながって頂けたりも。
素敵なおふたりでした☆


みきさんともっ♪

そして、波照間から石垣へ戻り。。
(帰りの船はけっこう揺れてたので、ひたすら目をつぶってました)

8年前の旅でもお世話になった「楽天屋」さんへと。





居心地よくてのんびりまったりしそうでしたが、
今回の旅、すみずみまで楽しみたいので、
わたしの好きな小説家さんが激押ししていた「辺銀食堂」さんへと。

でも予約いっぱいで入れなかったので。。

どうしようかな。。とふらふらしていたら、ミドリムシを使った料理をしているお店を発見。


ユーグレナカレーを食べました。美味しかった。
(ミドリムシって身体によいらしいです)

次の日は竹富島へゆく予定をしていたので、天気大丈夫かなぁ。。?なんて思いながらも荷物整理して、眠りにつきました。

そうそう。この日、波照間で。
前日いろいろお話させて頂いたTさんに、お土産屋さんの前や商店の前でばったりお会いしました。
こんなに何回も会うなんておもしろい。偶然と呼ぶより「ご縁」なのかなぁ〜。なんて思っていました。

【離島旅行記4日目★竹富★】へつづく。

午前中波照間一周計画も、終わりかけにしぶしぶ降り出した雨により、あわてて帰ることになってしまったのですが。。
宿に戻ると、滞在していたみなさんが、笑顔で迎えてくれました。


写真のお二人は、前日の夜に歌も聴いてくれました♪

「今から"みんぴか"(かき氷屋さん)行ってきます!」
と話していると、
「みんなで行こう〜」
ということになり、


宿に滞在していた女性の方(お名前お聞きしてなかった。。><)と、みんぴかりました。


席からニシ浜の海を眺められるしあわせ。


ウィンドチャイムがとてもきれいな音を奏でています。


バス停みたいな看板がキュート。


みんぴかの隣には「モンパの木」という服&雑貨屋さんがあります。
とてもセンスよく。
ライブ時に使えそうな衣装を購入しました♪


モンパの木にある大きいガジュマルの木。


その後、波照間に滞在していた事のあるお友達に教えてもらったベジタリアンレストランへ行ったのですが、閉店中。。
再び宿に戻ることに。


波照間の小学校。
入り口付近のお花たち。とてもかわいい。


ワンピ気分になったので、モンパの木でGETした服に着替えて。

スカートの裾、はためかせながら、自転車で再びニシ浜へ。


誰もいなかったので、特等席でのんびりまったり。

波照間では、のんびりゆったり流れる時間をじっくり味わえる場所がぽちぽちと点在していて。
かき氷屋さんのみんぴかさんもそうだし、ニシ浜でも、飽きることなく海を眺めていられて、なんでもなく流れる時間を心地よく感じられます。

そしてこの日、ニシ浜でポヤ〜と海を眺めていると、楽器を持って海辺を歩いている女性を発見。
うずうずしてきて、おもいきって声をかける事に。
「その楽器。。なんの楽器ですか?」
「ウクレレですよ〜」
「わ!聞かせてください。。!!」
からはじまり、
海を眺められる場所に戻り、お話させて頂く事に。

楽器がきっかけで出会えた女性、Tさんは、助産婦のお仕事をしてるということで。
とても興味があったので、いろいろお話を伺いました。
そしてTさんは今回、旦那さんと、あと、もうひと方と3人で波照間に来られているということで。。
この日の夜に、ギタレレを持って、Tさんが宿泊している民宿にお邪魔させて頂けることになりました。

コテージのような民宿で、飲み食べしながらお話をして。
歌もたくさんたくさん歌わせてもらって。(「生活〜ラムネビール〜」を一番気に入って頂けました。意外でした)
とても濃ゆい時間を過ごさせてもらいました。
Tさんご夫婦と一緒に来られていたIさんは、3.11をきっかけに、自分の今までのお仕事(おそらく天職だったのだと思います)を全て捨て、ひとのために立ち上がられた方で。国際的に活動をされていて、人生経験がとても豊富な方なのですが、初めて会った私に対して、気さくにフレンドリーに接して下さり。Tさんご夫婦そしてIさんの、POPなおかつ深みのあるお人柄に、すっかりトリコになってしまいました。





またひとつ、素敵なつながりができた夜でした。
(どきどきしてしまい、なかなか寝付けず。。)


【離島旅行記3日目★波照間-朝・昼-★】へつづく。

ニシ浜の朝焼けがみたいな〜と思っていたので、早起きをする予定だったのですが、、、
スタートダッシュ遅れて宿を出たのはam8:00頃。
もう、お日様上がりきってました。。。

この日はレンタサイクルでニシ浜へと。
ひさしぶりの自転車にどきどき。
「ん?あれ?えーっと。。。汗
乗り方をすこし忘れてて、アセりました。

気を取り直してしゅっぱーつ。自転車


この日はこんなカッコで。(念のため)


ヤギさん今日はベストショット。


今日も澄んでる。朝もいいね。




ニシ浜で出会って仲良くなりました。ゆかりちゃん。


ガイドブックに書いてあった、浜シタン群落。


の横にある小道が気になったので、ずんずんずん。


草もしゃもしゃの道を越えると、


ぽかっと開けたところに、たくさんの蝶が。
しかも、10匹以上ひらひらひらと。
ここは宮崎駿さんの世界ですか?トトロ
夢のような気分になりました。


そして辿り着くぺー浜。




朝もはやい時間だったので、誰もいなく。きれい。
もうすこしいたかったけど、雨雲がやってきていたので、早めに戻っちゃいました。。

そう。二日目は天気があやしく。
くもりで日も暑くないのをいいことに、午前中は波照間一周計画を立てていたのです。













重たい空のした、自転車をかっとばし続け。。
波照間をくるーっと一周してきました。
あまりに体力を消耗してたのか、、(わりと坂道も多く)
日本最南端の碑の写真を撮ったつもりが撮り忘れていたようです。
そこここで出会った動物たちに癒されたなぁ。
朝も早いからか、自転車や車など、あまりすれ違わなかったような。。?
そんなところも、離島ならではです。


【離島旅行記2日目★波照間-昼-★】へつづく。

海が近くなってきたところで、牛さんを発見。




ペンション最南端さんのヤギさん。

そして、ニシ浜到着☆


加工なしでも澄んだ色。


木陰があったので。


ギタレレ弾いてみる。
ずーと歌ってたら、となりのとなりの木陰で海を眺めていた方が前を横切って行かれて、
のんびり時間の邪魔をしてしてしまったかしら。。ひやひやと反省し、そそくさとしまう。笑。


海に入ってみる。


波を眺めていると、なんだかふわ〜とした気持ちになってくる。


時間によって色を変える海。
エメラルド部が多くなってきた。きれい。

ゆっくりゆっくり海を堪能したあと、
ぼちぼちっと宿まで歩いて帰りました。

ですがここで第一の事件発生。(事件というまでもないかもですが。。。)
今回の旅行のために購入した、水にぬれても大丈夫なサンダル。。
足にあまり合っていなかったらしく、歩いているうちに足が痛くなってきて、気付いたら流血。。血
5か所くらい、流血している箇所があったので、バンドエイドで処置しました。。
むりせず明日はレンタサイクルだな。と心に決めました。

あと、第二の事件も発生。
シャワーにいこーと思って、化粧品のボトルなどを入れているポーチを開けたら、
締めのすこし甘かったボトルから、中身がどわーと出てました。(シャンプーなど)
お友達から、機内に預ける荷物で、ボトルなどはビニール袋に入れておいたほうがいいよ。と教えてもらっていたのに。。大丈夫かなーと思って入れずにいたら大変なことに。
全てではなくて3つくらいのボトルだけやったんですが、注意しよーと思いました。。

夜は、宿に宿泊していた皆さんと一緒に、お刺身と豆腐を食べました。
NAMIさんは素泊まりの民宿なのですが、ささやかな夜ごはんも出して下さるのです。
美味しかった〜。



夜は、蚊と奮闘しながら、なんとか眠りにつきました。
(あとになってから、部屋に虫よけの機器があることに気付きました。。)

【離島旅行記2日目★波照間-朝-★】へつづく。

船が到着した港に、今回泊まる宿「ゲストハウスNAMI」のスタッフさんが迎えにきて下さっていて。
宿へと。




「ウミガメ」というかわいい名前のお部屋になりましたカメ


こざっぱりしていて、とてもよいお部屋。


窓からみえる景色。赤瓦っ。


離島っぽい帽子とリュックでGOGOGO!
(心の中は無邪気なコドモみたいになってます)


レンタサイクルも気になったけど、まずは自分の足でニシ浜へと。
水色の建物が多いです。んー海のある街(島)って感じやー。




旅のときくらい携帯を手放したい気持ちもあったけど、
そこここに素敵な景色があるので、撮らずにはいられれず手放せず。
あと、ナビでもお世話になりました。。




にょーん。










建物がほんと雰囲気あるのです。

海までの道中、ご飯の食べれるお店を発見。
あやふふぁみさん。






ラフテー定食を頼みました。
やわらか。美味しい。

お店に入ったのはランチにしては遅めの時間だったからか、
ひとりのお客さまがぽつぽつと座っていて、店内はゆる〜くのんびりした雰囲気。
あーこの空気好きだなあ。。としみじみ味わいつつ、まったりゆっくり過ごせました。

お腹も心も満たされて、いざ、ニシ浜へと☆

【離島旅行記1日目★波照間-ニシ浜-★】へつづく。

ふりかえり旅日記ということで、すこしづつUPしてゆこうと思います。

1日目は、peachで関西空港から飛び立ちました。
出発がam7:40なので、am3:30には起きてました。(早起き得意)


途中で寄った針テラス。


peachの飛行機。並んでるとかわいさ倍増。女子力高め。


安定のPRONTO。あさのラテおいしい。

前回の沖縄旅行がhttp://powapowapu.jugem.jp/?eid=295このあたりだったんですが、
2007年だったので、8年ぶりの沖縄の離島一人旅。
飛行機の乗り方もすっかり忘れ、関西空港まで私を運んでくれた旅の恩人そして旅のスペシャリストKさんにいろいろレクチャーしてもらいながら、空港での手続きをいろいろ済ませました。(ギタレレもなんとか持ちこめてホッたらーっ

そして飛び立ち雲の上。


雲のかたちって、見てて飽きないね。

ipodで児玉奈央さんの曲を聴きながら向かいました。旅にぴったり。


離陸寸前にみた、のどかな田んぼ。

石垣空港もいつの間にか新石垣空港になっていて。
離島ターミナルまで行くには、バスに乗らないといけなくなってました。
ということで、行きに着ていたジャケットとユニクロのヒートテックを脱ぎ捨て(実際はスーツケースの中へ入れ)、
30〜40分くらい揺られて、離島ターミナルへと。

不安だったお天気も、この日はぎりぎり晴れ。
といっても、石垣市内を走るバスに乗っていたら、あるところは曇りだったり晴れだったり。場所によって全然天気が違っていて、空模様を見るのが面白かったです。


波照間行きの高速船。
この船に1時間揺られると、波照間島に着きます。


この船で酔う方もたくさんいるらしく、注意書きが。。どきどき。
この日はあまり波が高くなかったので酔わなかったです。よかった。


往復切符も購入済み。
沖縄にきたらやっぱりさんぴん茶。おいしい。おいしすぎる。


出発してから隣を走る船がかなりの角度で傾いて進んでいるのをみて驚く。
これは酔いますな。


窓から見えるエメラルドな海。
写真ではきれいに撮れない。。


船は西表島にも立ち寄りました。

そして、ずーっと降り立ちたかった波照間島へ到着☆

【離島旅行記1日目★波照間-昼-★】へつづく。


デザートを。


アースミュージックエコロジーふうに。
(もうええっちゅうん!て、誰か突っ込んで下さい。笑。)